お知らせ

乾癬(かんせん)

みなさまは乾癬という皮膚の疾患をご存じでしょうか。わが国では 10万人くらいの人が罹患している病気です。青少年期に発症することが多く、男女比は2:1程度とされています。

皮膚の表皮の細胞は、基底層で作られ角質層へと代謝されて行きますが、乾癬では、この角化のサイクルが早くなります。そして膜状 の鱗屑が付着する角化性紅斑が全身に出現します。鱗屑というのは、銀白色の大きなフケのようなものです。

白血球が表皮内に侵入することにより、表皮の分化異常(角化異常)や異常増殖をきたしているのですが、炎症性角化症という名前に分類されます。

他の人にうつることはなく(非感染性)、また良性の疾患ですが、病期は慢性に経過し、治ってもまた再発を繰り返す場合が多く見られます。

●病因
遺伝的素因に環境因子(ウイルス感染、ストレス、日光曝露、免疫異常、高脂肪食)などが加わって発症すると考えられています。

●皮膚病変
境界のはっきりした、銀白色で雲母状の鱗屑を伴う角化性病変(紅斑)が多発します。頭皮、髪の毛の生え際、関節伸側、特に肘、膝、臀部など力のかかる場所にできやすく、大きさや数、形などは人によってさま ざまです。皮疹がつながり大きな紅斑になることもあり、爪にも線状の陥没などの変化が起きる場合もあります。

●病型
尋常性乾癬(皮膚のみ)、滴状乾癬(小型の皮疹が多数出現)、乾癬性紅皮症(紅斑が融合して全身を覆う)、膿疱性乾癬(皮疹に膿疱が混じり、発熱などの全身症状を伴う)、関節症性乾癬(関節にも症状が出現)などがあります。尋常性乾癬が、乾癬のほぼ90%を占めています。

乾癬は通常内臓を侵すことはないとされています。痒みは半数以上の人に認められ、アトピー皮膚炎などよりは軽いとされていますが、個人差が大きいです。

●治療法
○ステロイド外用剤(ODT療法なども)
○活性型ビタミンD3製剤外用療法
○紫外線を用いたPUVA療法
○紫外線UVBによる光線療法(332nm,narrow band)
○ビタミンA誘導体、エトレチナート内服療法(治療中の避妊が必要)
○免疫抑制剤、シクロスポリン内服療法(腎毒性に注意)
○痒みには止痒薬
○関節症状には消炎鎮痛薬

食事療法としては、動物性脂肪の摂取を減らします。
漢方療法として、温清飲、当帰飲子、桂枝茯苓丸、ヨクイニン、四物湯、漢方外用薬として紫雲膏などが使われます。紫雲膏は 「おでき」などに使うと、不思議な効果のあるお薬です。

●参考 ケブネル現象;
健常皮膚をこすることで、乾癬皮疹を誘発します。
アウスピッツ現象;鱗屑を剥がすと点状に出血します。
いずれも乾癬に特徴的なものです。

乾癬は良性の疾患ですが、治療には長い時間がかかり治りにくいものです。表皮の細胞動態や免疫学的な研究から、新たな治療法の突破口が開けることを期待したいですね。またアトピー性皮膚炎に適応のあるプロトピック軟膏の使用なども検討されているようです。各種療法を組み合わせて根気よく治療いたしましょう。

お知らせ一覧に戻る