お知らせ

真菌(しんきん)アレルギー

真菌(カビ)は、細菌よりもっと大型の微生物で真菌類と呼ばれます。
7万種類近くもあり、アレルギー疾患の原因(アレルゲン)になりやすいものも数多く知られています。一般にアレルゲンとしては、ダニ、ハウスダスト、花粉、食べ物などがよく知られていますが、これから の梅雨の季節、真菌のことも忘れてはなりませんね。また、カビは湿度 の高い季節に増殖しますが、近年、乾燥した環境を好む、好乾性のカビも注目されてきています。

気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎などで、アレルゲンの検査として最もよく実施されるものは、特異的IgE(RAST)の 検査です。血液を採ることによって簡単に調べることができます。

よく検査の対象になるカビ類は、ペニシリウム(アオカビ)、 アスペルギルス(コウジカビ)、カンジダ(口の中や腸管に常在)、アルテルナリア(プラスチックのカビ、風呂場、ホース、エエアコンなどに生息) などです。その他、クラドスポリウム(クロカビ)、ヘルミントスポリウム(芝生のカビ)。皮膚炎では、ピティロスポリウム(皮膚に常在)などもよく調べられます。

皮膚炎の場合は、真菌ではありませんが、黄色ブドウ球菌などもチェックします。
ピティロスポリウムは、カンジダやアスペルギルスなどと共に重要なアレルゲンですが、 好脂性の酵母で、健康成人の皮膚に寄生します。子供ではあまり見つからず、成人のアトピー性皮膚炎の患者さんで、顔に湿疹がある場合などは特に注意します。

*参考*
*黄色ブドウ球菌のエンテロトキシンは、T細胞を活性化させるスーパー抗原として作用するとともに、アレルゲンとしての作用もあります。
*マラセチア(癜風菌)Malassezia; ピティロスポリウム(Ptyrosporum ovale, P. orbiculare )はMalassezia furfurに統一されました。

上記のように、カビのアレルギー検査を行い、陽性であれば、環境を整えカビのアレルギーの防止に努めます。住居の清掃や換気により、室内に生息するカビや浮遊するカビの成分による害を取り除きましょう。
また体に住み着くカビには、外用薬や内服薬を用いて抗真菌療法を行うなどの対策が取られ、良好な結果が得られています。体の清潔に保つことも大切です。
カビ(真菌)も重要なアレルギー物質です。忘れないように致しましょう。

お知らせ一覧に戻る