お知らせ

更年期障害と麻黄細辛附子湯

漢方薬の「麻黄細辛附子湯」はもともとカゼの薬です。
生薬の麻黄と細辛と附子からなる処方で、辛温発表剤に分類され、寒証・湿証向けのお薬となります。体力のない人や高齢者のカゼ に用いられ、体を温め、痛みと倦怠感を取り除いてくれます。

効能を見ると;全身倦怠感、気力がない、手足の痛みや冷えなどが 挙げられていますが、一般的に、体の代謝を活発にし、体を温めてく れる作用があります。
このお薬が近年、更年期障害の冷え性などに使われるように なって来ました。虚弱者向けのお薬なので安全性は高いと考えられます。
また医学データーとしては、血管運動神経症状をもつ更年期障害の方に附子を投与すると、女性ホルモン関連の下垂体ホルモンの分泌状況が改善されたというものがあります。実際に、服用されている方の評判は かなり良いです。

更年期障害の症状としては、血管運動神経症状(顔のほてり、ホットフラッシュなど、気温に無関係な発汗、冷え、動悸、その他)、精神神経症状、末梢神経の症状、泌尿器の症状などなど、さまざまなものが認めれられています。
また、代謝関係の症状としては、脂質の異常、骨量の異常、皮膚の異常などが挙げられます。

更年期障害の治療としては、
血管運動神経症状には、ホルモン補充療法が行われます。また、一般薬(ガンマ ーオリザノール、カリクレイン、グランダキシンなど)や漢方薬(当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遥散など)による治療が行われます。

*注意*
ホルモン補充療法には、さまざまなリスクや不快な副作用があることが報告され、安全性を再検討することが求められています。

うつ症状、不眠症状、脂質代謝異常、骨粗鬆症などには、それぞれに対応した薬剤を服用します。

更年期障害による全身倦怠感や、手足の冷え、その他の血管運動神経症状にはこのお薬を適用してみるのも一つの選択肢ではないかと考えています。

お知らせ一覧に戻る