お知らせ

ガマ腫

口の中にできる貯留嚢胞(液体の詰まった袋)の一種です。
カエルのように見えるのでガマ腫と呼ばれています。

口の中の柔らかい組織(口腔軟組織)には大小の唾液腺があります。
唾液腺は唾液を作り、唾液は導管を通って分泌されます。
その主導管が損傷し、唾液が柔らかい組織中に溜まってしまう病気が貯留嚢胞です。

できやすい場所は下の唇が最も多く、そのほか口底部、舌下部、頬粘膜などです。
口底部のものは大きくなる場合があり、ガマ腫と呼ばれて います。

いろいろな貯留嚢胞

○粘液嚢胞;口唇の小さな唾液腺にできる嚢胞で再発しやすいです。
繰り返し咬んでしまうこと(誤咬)を繰り返すうちに表面が硬く白くなってしまう場合もあります。手術で切除します。レーザーで摘出する場合もあります。

〇Blandin-Nuhn腺嚢胞(ブランディンヌーン嚢胞)
前舌腺にできる嚢胞で、自潰(自然に潰れる)と再発を繰り返します。局所麻酔にて全摘出を行います。

〇ガマ腫
舌下腺にできる粘液嚢胞で、口の底の片側に出現します。
非常に大きくなる場合もあります。大きくなると両側にまたがります。
青みがかったもの(表在性)、粘膜色のもの(深在性)などがあります。
痛みはあまりありませんが、喋ったり、食べたりが不便になる場合もあり、呼吸にも影響が出る時があります。
治療は穴を開けて液体を出します(開窓術)。再発を繰り返すときは舌下腺の摘出を考慮します。
その他、ピシバニールというお薬を注入し、腫れを収縮させる方法もあります。

再発を繰り返し、なかなか治りにくい場合があります。生活に支障をきたす場合は口腔外科にて治療を受けていただいています。手術の場合、術後の唾液の分泌量に関しては問題はないとされています。

お知らせ一覧に戻る