お知らせ

光線過敏症

今日は春分の日。これから毎日毎日日が長くなりますね。
「日焼けにはご注意」の季節です。

光線過敏症は、普通の人では何ともない程度の日光や光線に当たることで皮膚に異常が起きる病気です。

分類
§外因性光線過敏症
  光接触皮膚炎(光毒性反応、光アレルギー反応)
  日光過敏型薬疹
§内因性光線過敏症
  多形日光疹(原因不明の光線過敏症、若年者に多い)
  日光じんま疹
  慢性光線過敏性皮膚炎
  種痘様水疱症
  色素性乾皮症
§その他、ポルフィリン症、ペラグラなど

上記のうち多形日光疹は最もよく見かける光線過敏症です。
人口の5%に発生し、初夏に、顔や半そでの腕などに、とても痒い細かい発疹や、小さな水ぶくれが生じます。
女性や普段あまり日に当たらない人に多いのですが、徐々に日光に慣れることで治ることもあります。

日光じんま疹は、日光に当たって10分以内に大きくて痒いじんま疹が出現するものです。全身の症状を伴うこともあります。

光接触皮膚炎や日光過敏型薬疹は、皮膚に塗布した薬剤や、化粧品、化学物質、また摂取、服用した食品、薬剤などが原因で起こる光過敏症です。

光プラス薬剤そのものの毒性で起きる光毒性皮膚炎と、光ハプテン・担体結合物によって引き起こされたアレルギー反応による光アレルギー性接触皮膚炎とがあります。
光毒性反応は日焼けのような症状であり、光アレルギー反応は湿疹、多形滲出性紅斑、扁平苔癬などの多様な症状を呈します。

光線過敏症を起こしやすい薬剤としては、キノロン系抗菌薬、 オキシカム系解熱消炎鎮痛薬、ケトプロフェン含有外用薬などが 代表的なものです。(他にも多種あります)

●診断;
露出部分に生じるのが特徴です。よく光のあたる部分に発疹ができた場合はまず光線過敏症を疑います。検査としては光パッチテスト(貼付試験)や内服照射テストでMED (最少紅斑量)を調べる方法があります。

●治療
遮光がまず第一です。
紫外線を防止できる衣服(長袖のシャツや上着、長ズボン)。つばの広い帽子。日傘などを使用します。
なるべく屋外に出ないとか、午前9時から午後3時の外出を避けるなどの工夫が必要です。サンスクリーン(日焼け止め)を使用しますがUVAとUVBの両者をカットするもの(SPF20、PA+++程度のもの)が推奨されています。

薬剤性光線過敏症では、原因薬剤を中止して、1週間〜1ヶ月遮光 します。日光じんま疹は原因が可視光線ことが多く、サンスクリーンの効果は期待できません。衣服で遮光します。

疾患により、短時間の日光浴を繰り返し日光に対する抵抗性を獲得する治療法もあります。

治療薬しては、例えばホモクロミン錠、アレグラ錠、エバステル錠 など。塗り薬としてはロコイドクリーム、アンテベートクリーム などがありますが、ステロイドホルモンの使用は短期(2,3日)に限定します。
その他、ソレラン併用紫外線療法;PUVA療法。難治性の場合は(免疫抑制剤)、ネオーラルカプセル、プロトピック 軟膏など。

光線過敏症に対する理解を深め、ご本人、家族、友人が治療に協力しあって治していきたいものですね。

お知らせ一覧に戻る