お知らせ

RSウイルス感染症

インフルエンザなどと同じく冬のウイルス感染症です。
秋から春にかけて流行します。

このウイルスは、2歳以下の小児、特に1才未満の乳児がかかると症状が重くなる場合があり、6ヶ月未満の乳児ではさらに注意が必要です。
1才になるまでに7割近くのこどもが、2才までにほぼ100%が感染し、そのうち3人に1人に細気管支炎や肺炎などの下気道炎 と呼ばれる症状が出現してくるのです。そして数パーセントは入院 治療が必要となります。

潜伏期は5日前後で、飛沫感染と接触感染でうつります。
発熱、鼻水、咳などのかぜのような症状(上気道炎症状)から始まり、続いて下気道炎症状へと移行します。38℃〜39℃の熱が数日続きます。
治るまでの経過は長く、1週間以上、あるいは2週間もかかる場合が あります。

細気管支炎を起こすと、肺全体から呼気性の(吐く息に合わせた)喘鳴が聞こえるようになり、呼吸困難をきたす場合があります。
細気管支炎や肺炎をおこし、呼吸困難をきたした場合には入院治療が必要とされています。呼吸困難の徴候は、鼻翼呼吸、呻吟、下顎呼吸、陥没呼吸、シーソー呼吸、チアノーゼなどがあります。中耳炎の合併にも注意が必要です。

一度感染しても免疫が不完全で鼻粘膜における免疫防御が弱く、年長児や成人も再感染を繰り返します。ただ感染を繰り返した年長児や成人などでは症状は軽く、鼻の症状のみですむ場合が多いのです。症状が軽く、かえって小さい子供への感染源になりやすいので注意が必要です。

●検査;
迅速検査キットをつかい抗原検査を行います。
(3歳未満の入院症例)

●予防接種;
現在はまだ開発中。
それに代わるものとして抗RSVモノクローナル 抗体のパリビズマブという注射薬があり、ハイリスク乳幼児用として使われいてます。

●治療;
アセトアミノフェン(カロナール、アルピニー坐剤など)、気管支拡張薬、鎮咳去痰薬、水分の補給。
細菌感染の合併には抗生剤。
入院の場合は、酸素投与、輸液、呼吸管理などが行われます。

*参考;RSウイルス;パラミクソウイルス科、RNAウイルス。
パラインフルエンザウイルス、麻疹ウイルス、ムンプスウイルス、メタニューモウイルスなどの仲間。
RSウイルスにはAとBの型があり、同じ型にも亜型がある。消毒;石けん、消毒用アルコール、次亜塩素酸ナトリウムなどはとても有効。

インフルエンザ以外にも、赤ちゃんにうつる冬の強いウイルスが存在することを忘れないで注意いたしましょう。また時期がインフルエンザと重なりますので両者の鑑別が大切です。

お知らせ一覧に戻る