お知らせ

乳幼児突然死症候群(SIDS)

みなさんはSIDSということばを目にしたことがありますか?
それまで元気だった赤ちゃんが眠っている間に突然亡くなっ てしまうという病気です。
出生4000人に1人発生するとされ、乳児期の死亡原因の上位 疾患(第2位〜3位)となっています。
ほとんどは1歳未満の赤ちゃんで、生後2ヶ月から6ヶ月に多く、1歳以上で発症するのはまれとされています。
(ただし、2歳までは起こりうる。)

いまだに原因は突き止められていないのですが、睡眠時の覚醒反応の低下などといった脳機能の異常などが考えられています。

リスク因子としては、妊娠時の喫煙、養育者の喫煙、うつぶせ寝などが挙げられています。また母乳保育のほうが危険率が減るのではないかという意見もあります。

●予防のためのABC
A. あおむけ寝の方が良い。
B. 赤ちゃんのそばでの喫煙はやめる。妊婦さんも喫煙はやめる。
C. 母乳のほうが危険率は低い。

SIDSと窒息死や事故死との区別が難しい場合もあり、死亡の原因が「この病気=SIDS」であるのにもかかわらず、養育者が自分自身を責めることになってしまう場合も多いのです。
相談先として※SIDS家族の会(財)母子衛生研究会内などがあります。

人工乳をあげることはやむをえないにしても、AとBはぜひとも守りたいですね。

お知らせ一覧に戻る