お知らせ

レビー小体病

びまん性レビー小体病、レビー小体型痴呆(認知症)とも呼ばれる。

アルツハイマー病はよく知られていますが、それ以外にも、非アルツハイマー型変性痴呆症といわれる認知症が存在します。特にアルツハイマーに次いで多い老年期の認知症に、上記のレビー小体病があります。

この病気では大脳皮質から脳幹にわたって神経細胞内に、多数のレビー小体 と呼ばれる物質が現れます。この疾患は老年期の認知症の二割近くを占めるのではないかと考えられています。
また、パーキンソン病でも、レビー小体が脳幹に出現しますが、両者は類縁の疾患と考えられています。

症状としては、もの忘れ、思考力低下などの認知機能障害や、とてもリアルな幻視・妄想などの精神症状があります。
それに加えて、感情的な混乱、異常な行動、 感情の起伏。失語、運動機能障害なども認められ、歩きにくい、動きが遅い、手が不器用になるといったパーキンソン症状も出現します。

脳血流検査では、頭頂葉、側頭葉の血流低下に加え、視覚に関連の深い後頭葉にも血流の低下が認められます。

●治療薬;
アルツハイマーのお薬であるアリセプト(一般名ドネペジル)や、パーキンソン病のお薬である、ペルマックスやシンメトレルなどで治療します。

アルツハイマー病に似ていて、しかも、はっきりとした幻視、幻覚やパーキンソン症状が伴う場合には、この疾患を疑ってみる必要があります。
この病気は、お薬に非常に敏感なので、慎重に少量から投与します。
また抗精神薬投与で、かえって症状が悪化する場合があります。
逆にお薬で悪化した場合、この病気を考慮することも必要なのです。

お知らせ一覧に戻る