お知らせ

痛風・高尿酸血症

血液中の尿酸が増えた状態が高尿酸血症。その結果、関節炎を起こしたものが痛風です。
身体の細胞の核のDNAなどや、エネルギー代謝の元であるATPなどが分解されてできたものがプリン体という物質です。
これがさらに代謝されて尿酸となりますが、何らかの原因で尿酸が血液中に溜まりすぎた場合、高尿酸血症と呼ばれます。血清尿酸の基準値は7.0mg/dLです。

高尿酸血症が持続し、尿酸が血液その他の体液中に溶けきれない状態が続くと、それは尿酸塩結晶として析出し、関節などに徐々に沈着 します。そして数年を経て、突如として関節痛が起きるのです。
痛風発作は、足の親指の付け根や足の関節に多く、普通は一ヶ所 (単関節)に発生する場合が多いです。何の前触れもなく、激痛、発赤、腫張などが起き、発熱を伴うこともあります。起きられない、歩けない、 足をどこかに触れることさえできないほどの痛みが引き起こされます。
このような急性痛風関節炎のほかに、皮下結節(痛風結節)、腎障害、 尿路結石などが認められる場合もあります。

関節炎は、関節に沈着した尿酸ナトリウムに対し、免疫機構が働き、 炎症が引き起こされるものと考えられています。治療せず放置すれば年に数回の発作が起きるようになり、さらには足首の関節、膝の関節、 踵(かかと)、手の関節(手根部)、手指の関節などにも拡大します。
このような急性関節炎を繰り返し起こしていると、ついには関節破壊に 至ってしまいます。

病態は、尿酸排泄低下型、尿酸産生過剰型、混合型などに分類されますが、尿酸クリアランスや尿中尿酸排泄量などを調べて確定します。

原因としては、体質や食事、またアルコール飲料の摂りすぎなどが指摘されています。プリン体の多い食事。肉類、特にレバーや他の内臓など。 魚介類、大豆などに気をつけましょう。
また、女性ホルモンには尿酸の排泄作用があり、女性はかかりにくいとされています。

●治療(高尿酸血症)
高尿酸値を改善し痛風関節炎を防ぎ、痛風結節の縮小をはかる。
腎障害(痛風腎)や尿路結石を防ぐ。

●痛風発作の治療
非ステロイド性抗炎症薬。副腎皮質ステロイド薬を使う場合も。
発作の前兆があればコルヒチンで予防することも。
発作がおさまれば高尿酸血症を改善する。
○尿酸の産生を抑えるお薬(ザイロリックなど)。
○尿酸の排出を促進する薬剤(ユリノーム)。
尿酸排出は急激に行うとむしろ痛風発作をひきおこすので注意が必要です。
尿路結石や腎障害がある場合は、ザイロリックの治療になります。

●腎障害を防ぐために
酸性尿を防ぐ;pH 6 〜7程度に調整。
(ウラリット錠などを服用)

●食事療法;プリン体に注意。
【参考】プリン体の多い食品(mg/100g)
極めて多い (300mg/100g以上)
鶏レバー、マイワシ干物、イサキ白子、あんこう肝酒蒸し、鰹節、煮干し、干し椎茸
多い (200mg〜300mg/100g)
豚レバー、牛レバー、カツオ、マイワシ、大正エビ、マアジ干物、さんま干物

尿酸値のコントロールの目標は、6mg/dL以下でOK、7mg/dL台で要注意、8mg/dL台で赤信号です。

高脂血症、高血圧症、耐糖能異常(糖尿病の前段階)、肥満など、他の生活習慣病の合併がないかも調べ、治療することが必要です。

お知らせ一覧に戻る