お知らせ

乳腺炎

当院にも、急性乳腺炎のお母様が時々相談に来られます。
「うっ滞性乳腺炎」(出産早期、授乳期の乳汁のうっ滞による乳腺の炎症)のことが多いですね。

どんどんお乳ができているのに乳管が十分開かない、赤ちゃんのお乳を吸う力が弱いなどが原因で、たまった乳汁が乳腺を圧迫することとにより起きます。

対策は、赤ちゃんにお乳をよく吸ってもらうこと、乳頭や乳房のマッサージ、搾乳、乳房を冷やす(冷罨法)など。そのほか食事に注意すること、入浴で炎症をひどくしてしまわないことなど。(入浴禁止になる場合も。)
内科的には、消炎酵素薬、漢方薬(消炎、鎮痛作用)などの服用が勧められています。

うっ滞性の乳腺炎以外に、乳頭の亀裂や乳輪の傷からブドウ球菌や連鎖球菌が入ることによって起きる「急性化膿性乳腺炎」の併発にも気をつけなければなりません。これはセフェム系などの抗菌剤によって治療します。(母乳への影響を考え、テトラサイクリン系、シプロキサンなどは禁忌。)

乳頭や乳輪を清拭して感染を予防するとともに、乳頭の痛みと上皮のひび割れには特に注意し、早めに経口剤での化膿性乳腺炎の予防を考える事も大切です。(乳頭の消毒にはイソジンゲル、ひび割れには軟膏や各種オイルを用います。)

鑑別疾患(まぎらわしい病気)として、炎症性乳癌、非授乳期の慢性乳腺炎(乳輪下膿瘍から起きる)などにも注意が必要です。

最後に、うっ滞性乳腺炎があまりにもひどい場合には、乳汁の分泌を抑えるメシル酸ブロモクリプチンというお薬で治療することもできます。

お知らせ一覧に戻る