お知らせ

骨粗鬆症

中年を過ぎてしだいに骨量が減り、骨の構造が変化し骨折しやすい状態になる疾患です。

私たちの骨は絶えず新陳代謝を繰り返しています。(破骨細胞によって吸収、骨芽細胞によって形成。)その代謝が弱くなったり、また各種ホルモン;エストロゲン(女性ホルモン)、副甲状腺ホルモン、カルシトニンなどによっても、骨の代謝やカルシウムの調整が行われていますが、年齢と共にそれらにも問題が生じるくるためです。
特に閉経後の女性の場合はこのうちのエストロゲンの作用が急激に低下するために骨粗鬆症が起こりやすくなります。

骨折が起こりやすいのは、脊柱、大腿骨、橈骨(前腕の骨)などです。転んだり、重いものを持ったり、普段より少し余分な力がからだに加わっただけでおきることもあります。

予防のためには、普段からバランスのとれた食事、万歩計を使ったウォーキングなどの運動、適度な日光浴、転倒防止などを心がけ、特にカルシウムやビタミンDの摂取には気を配りましょう。

お薬としては「骨吸収抑制剤」として、エストロゲン製剤、ビスホスホネート製剤、カルシトニン製剤などがあり、「骨形成促進剤」としてビタミンK製剤、また両方の作用を持つ活性型ビタミンD製剤などがあります。

症状がないからといって油断せずに、しっかりと予防に努めたいものですね。

お知らせ一覧に戻る